カルノシンの効果とは?

カルノシンって一体何のこと?どんな効果があるの?

83a20370f7c8fd6c0a95ae7b590edf8a_s

カルノシンはジペプチドというものの原料とされており、アンセリンと交わることによりジペプチドというものが生まれます。

肉のエキスから発見されており、1900年発見、そしてガチョウの筋肉組織から発見されたものです。古い歴史を持っている成分の1つで、ジペプチドを総称してヒスチジン含有ジペプチドと呼んでいます。

カルノシンは活性酸素の主要な一つとして考えられており、水酸化ラジカル、窒素系ラジカルを除去してくれる効果があるとされています。

また糖がたんぱく質と反応し、AGEsという物質になり、活性酸素を抑制します。この生成を妨害し、速やかに分解し排泄される効果が認められており、活性酸素を抑制するという注目が集まっているものです。

運動能力やアンチエイジング効果まであるカルノチン

それがヒスチジン含有ジペプチドです。うまみやコクのもとになり、上記に記載してあるように肉エキスから発見された大変古い動物由来成分です。

乳酸の生成を抑制する働きも見られることから疲労回復効果も見られるのではないかと語られており、ガンや高血圧、糖尿病など生活習慣病の防止に効果があるのではと期待されています。

また運動能力をアップさせたり、アンチエイジングや抗糖化効果などを持ち合わせている、現代生活では難しい悩みを改善してくれる成分でもあります。

抗酸化作用が強いだけでなく細胞そのものを修復してくれるという役割を持っていますから、ただのアンチエイジングとは少し違います。

過剰摂取は不快感程度ですが、サプリメントで過剰に摂取しすぎないようにするとよいでしょう。

カルノシン配合の化粧品がオススメ?

カルノシンと聞くと、化学薬品と頭をかしげる人が多いかと思いますが、実はカルノシンはスポーツ選手など筋力増強したい人向けにサプリメントが販売されています。

そんなカルノシンですが、糖化防止、抗酸化作用に優れていると言われていますから、女性の皆さんも必見です。カルノシンの効果を紹介していきましょう。

カルノシンの配合された化粧品は一体肌にどんな影響をもたらすのでしょうか?

運動力アップやアンチエイジング、糖化防止など、酸素が増えすぎると細胞が酸化し、老化が進みます。

その酸素が増えすぎたものを活性酸素と呼び、カルノシンは抗酸化作用を持ち合わせるため若々しくお肌を保つことができます。もしくは全身のエイジングケアを行うことができます。

jufdfd

糖化やたんぱく質の老化防止に役立つカルノシン

糖化したたんぱく質は体内で増えるとたんぱく質自体が変形し、老化、たるみやシワの原因となります。そこでカルノシンは糖化が溜まってくる前に、事前に分解するよう働いてくれます。

つまり肌老化を遅らせることができる、美容成分だということができます。ほうれい線のケアなどに使いたい成分です。

そんな化粧品で、カルノシンを使ったアイテムと言えば、アンプルールというエイジングケアのスキンケアアイテムです。

大変人気がありますが、ショップでの店頭販売がなく、どうしてもインターネット通販となりますから、それにネックを覚えてしまう人も多いです。

しかし一度サンプルを取り寄せたら、その日から肌力がアップし、効果を体感することができます。

記事一覧

▲ページトップに戻る